会長挨拶(第4回ワークショップ)

 中荘地区まちづくり協議会を進めるにあたり、先ず最初に思っていることは中荘7箇大字で暮らしている人に迷惑をかけない「まちづくり」です。もちろん商売をされてる人にもです。
 事業としては紹介ビジネスを考えています。
 具体的には、中荘で作っていただいた農産物を店で売っていただいてその中から2割をこの協議会にいれていただこうと思っています。そのお金でいろいろなイベントができたらいいなと思います。
 各大字には3名程の構成員の人達がいますが、この人達はこの協議会のブレーンです。
 この人達からいろんなアイデアを出していただいて事業に繋げていけるようにしたいと思います。
 地域に住んでおられる農業の達人の方や料理の得意な方にも構成員としてはいっていただきアドバイスが欲しいです。
 有休耕作地の再利用や名産品の開発や農泊等も考えています。
 7年後には宮滝離宮の再現も完成します。中荘に観光に来てくれる人も増えてくると思います。
 中荘の皆さんで活気のある町にしましょう。協力をお願いします。
平成29年1月17日
中荘地区まちづくり協議会
会長樫本 昌幸

目的

 本協議会は、地域住民ら地区の将来像を描き、住民相互の連携と協力によって、受け継がれてきた豊かな歴史文化、自然を守り、いつまでも心豊かに住めるまちづくりの実践に努めることを目的とする。

経緯

 平成28年10月12日(水)、(仮称)中荘地区まちづくり協議会設立にむけて、各大字から選出された委員をもって、第1回ワークショップを開催し、活動を行うことを決める。
 以後計7回のワークショップを開催して、中荘地区の地域活性化のために補助金の有無に関係なく活動することを決め、具体的な活動内容等を討議する。第4回ワークショップに於いて、会長、副会長及び各委員等を選出する。
 この間、併せて、農水省の補助を受けるべく当該申請を行い、平成29年8月1日付けで交付決定通知を受ける。
 これを踏まえて、平成29年8月5日(土)に平成29年度第1回通常総会を開催し、事業計画(案)及び収支予算(案)等を附議、了承され、本格的に「中荘地区まちづくり協議会」として活動を開始する。

事業

(1)まちづくり計画の策定及び実施等に関すること。
(2)都市農村共生・対流及び地域活性化対策に関すること。
(3)その他目的を達成するために必要な事業。

役員名簿・委員名簿〈平成29年8月5日現在〉

役員
会   長
樫本 昌幸  (御 園)
副 会 長
南阪本 垚司 (菜 摘)
副 会 長
山本 康一  (宮 滝)
理   事
中村 憲文  (楢 井)
理   事
藤田 俊英  (御 園)
理   事
杉本 富則  (喜佐谷)
理   事
岩本 龍一  (菜 摘)
理   事
竹田 哲三  (樫 尾)
理   事
桝谷 展安  (矢 治)
監   事
桝本 典雄  (御 園)
監   事
西浦 正明  (楢 井)
事務局
事務局
事務局長
阪本 喜久雄(宮 滝)
会計担当
靏西 弘孝 (菜 摘)
会計責任者
上林 勝則 (吉野町)
経理担当
紙西 圭祐 (吉野町)
プロジェクトマネージャー
 
細川 雅康 (吉野町)
団体構成員
吉野町総合政策課
吉野ビジターズビューロー
吉野宮滝野外学校
空き家コンシェルジュ吉野事務所
吉野スタイル
地区別構成員
楢井地区
自治会長
中村 憲文
委   員
西浦 正明
町会議員
中西 利彦
吉 野 町
小西 愛也
御園地区
自治会長
藤田 俊英
委   員
樫本 昌幸
委   員
川上 秀雄
委   員
桝本 典雄
委   員
湧谷 由雄
喜佐谷地区
自治会長
杉本 富則
委   員
桝田 富雄
委   員
山本 眞嗣
町会議員
山本 隆敏
吉 野 町
前田 宗宏
宮滝地区
区長会長
山本 康一
委   員
上田 秀幸
委   員
梅谷 清嗣
委   員
阪本 喜久雄
委   員
松本  圭
菜摘地区
自治会長
岩本 龍一
前区長会長
南阪本 垚司
委   員
靍西 弘孝
委   員
鶴本  功
委   員
堀之内 伸保
樫尾地区
自治会長
竹田 哲三
委   員
岡本  康
委   員
鍵澤  篤
委   員
橋本 周司
委   員
鍵澤 祥友
矢治地区
自治会長
桝谷 展安
委   員
浦谷 春美
委   員
岡本 義影
委   員
桝谷 喜文
町会議員
上滝 義平
班別名簿
A班:地域資源(食)の商品開発、情報発信、販路開拓グループ(遊休耕作地の再利用や名産品の開発等)
部 会 長
西浦 正明
副部会長
堀之内 伸保
 
中村 憲文
中西 利彦
樫本 昌幸
川上 秀雄
湧谷 由雄
 
梅谷 清嗣
松本  圭
岩本 龍一
南阪本 垚司
靍西 弘孝
 
竹田 哲三
岡本  康
鍵澤 祥友
桝谷 展安
岡本 義影
 
桝谷 喜文
上滝 義平
前田 宗宏
町総合政策課
連携団体
きぬがさ
凡句来
あしび
ヤマザキショップ
 
ハレノヒ㈱
B班:地域資源を活かした都市住民交流推進グループ(観光誘致やイベント等)
部 会 長
桝本 典雄
副部会長
阪本 喜久雄
 
藤田 俊英
杉本 富則
桝田 富雄
山本 眞嗣
山本 隆敏
 
山本 康一
上田 秀幸
鶴本  功
鍵澤  篤
橋本 周司
 
浦谷 春美
小西 愛也
町総合政策課
吉野ビジターズビューロー
 
吉野宮滝野外学校
吉野スタイル
連携団体
吉野歴史資料館
まつや
ハレノヒ㈱

中荘地区まちづくり協議会 事業実施体制図

〈平成29年4月1日現在〉
平成30年度に協議会が法人格を取得予定
中荘地区まちづくり協議会 事業実施体制図
なお、会長が不在の場合は、副会長が地位を継承する。会計責任者が不在の場合は、プロジェクトマネージャーが地位を継承する。本協議会の活動が困難となった場合は、構成員である中荘区長会が事業を引き継ぐ。

交通アクセス

平成30年3月30日現在、当協議会事務局は吉野町役場 総合政策課内にあります。
中荘地区 宮滝附近の交通アクセス
お車の場合
・西名阪自動車道 郡山I.Cから 約1時間30分
・名阪国道 針I.Cから 約50分
鉄道の場合
・近鉄阿倍野橋駅―大和上市駅 特急で 約1時間10分
・近鉄京都駅  ―大和上市駅 特急で 約1時間30分
※大和上市駅からは、町営のスマイルバスをご利用いただき、
 「宮滝」バス停で下車してください(約20分)。
お問い合せ先
中荘地区まちづくり協議会 事務局(吉野町役場 総合政策課内〈平成30年3月30日現在〉)
〒639-3192 奈良県吉野郡吉野町上市80-1
TEL 0746-32-3081
FAX 0746-32-8855